放置しがちな下肢静脈瘤は進行する前に治療するのがオススメです

シニア夫婦

脚の血管トラブル

病室

ふくらはぎや膝の下部分に多く出る下肢静脈瘤にはいくつかの治療方法があります。
下肢静脈瘤とは肌の表面に静脈の青黒い色で隆起した凹凸、静脈の蛇行した隆起で蛇が皮膚の下にいるような印象がある見た目になる病気です。そのほか、症状としては疲れやすくなることや、むくみやすくなります。それによりだるさを感じることもあるでしょう。女性にはスカートやショートパンツなどのファッションが楽しめなくなることもあり、下肢静脈瘤の悩みを抱えて治療を考えている女性も多くいます。下肢静脈瘤が起きている状態がどういった状況にあるかというと、静脈の血管で血液の逆流を防ぐ弁が機能しなくなっていることで発生します。下肢静脈瘤の発生する要因としては長時間の立ち仕事での血行不良、家族が下肢静脈瘤の場合は遺伝の可能性、もしくはホルモンバランスの崩れが影響して発生することが多くあります。下肢静脈瘤は命にかかわる単体では命にかかわることはありません。そのため、治療を後回しにして放置している人も多くいます。しかし下肢静脈瘤は重症化すると潰瘍形成や色素沈着が起こることもあります。また静脈瘤に血液がたまることで血栓ができると肺塞栓症になる恐れがあります。肺塞栓症は肺の動脈を塞ぎ呼吸困難に陥る症状が起きる恐れも考えられるため早めの治療をオススメします。治療方法としては弾性ストッキングでの治療や薬の注射で静脈瘤を潰して消退させる硬化療法、静脈抜去術や血管内治療の手術などがあります。

生活習慣改善がカギ

病院

健康診断で毎回引っかかって注意を受けているなら楽観視していてはいけません。生活習慣病と心筋梗塞は密接な関係があるのです。生活習慣改善に取り組み、心筋梗塞を予防しましょう。

この記事を読む

耳のトラブルを感じたら

夫婦

耳が聞こえづらくなってきた、耳鳴りやふらつきがあるといった症状を感じているのなら、もしかしたら聴神経腫瘍かもしれません。良性腫瘍ですが、聴力低下や、重症化すると歩行困難に繋がります。

この記事を読む

精神と肉体

看護師

健全な精神は、ときに病に対しても大きな効果を発揮します。人間の気力には自然治癒力や免疫の向上に大きな役割があります。こうした健全な精神を持ち、患者さんが楽しく生きることをあきらめない治療を横浜クリニックでは推奨しています。

この記事を読む

Copyright© 2016 放置しがちな下肢静脈瘤は進行する前に治療するのがオススメです All Rights Reserved.